vol.5 人生「早送り」

24歳だった約5年前、人生における目標がないことに私は日々悩んでいた。

ある日、当時45歳くらいの、自己実現をしっかりとしていて、ビジネスの世界でも結果を残してきたカッコイイ、<理想の男性>に出会った。

会って話をしている時に、

 

「船橋くんは将来どうなりたいの?」

 

と聞かれた。

 

「40歳の時に、、、」

 

と言った瞬間に、

 
「実現しないから諦めな。」

 

 

と言われた。瞬殺だった。

 

 

 

あの時の気持ちは不思議で、「悔しい」という気持ちと「だろうな。。」という2つの気持ちが自分の中を巡った。

 

 
今はその方が言っていたことを痛感している。

 

 

「40」という年齢の高さがポイントなのではなく、そもそも16年後の話に説得力なんてある訳がないし、具体性がない事を一瞬にして見抜かれたのだと思う。

 

 

会社を立ち上げて間も無く2年が経つ。

 
驚くほど一瞬である。

 

今では、32歳、35歳、で公私共に、明確に目標がある。それを実現するために、逆算して動く。その繰り返しで、結果40歳を迎えるのだと思う。

 
「早送り」に生きると、人よりも多く転ぶ。傷つくことも多い。

 

 

でも

 

 
7回転んで、結果8回起き上がればいい。

 

 

 

29歳の一年間も「即断、即決、即行動」の一年間にしていく。